タダマン

僕はタダマンするために、彼女の言いなりになっています。彼女とは出会い系サイトで知り合いました。彼女はスタイルもよく、顔も美人なタイプです。僕にはもったいない女性だと思っています。ちなみに付き合ってはいないのですが、僕はこれから昇進していく予定です。今はセフレどまり。彼女がプライベートな時間を空けてくれる時は僕とセックスしたくなったときだけです。その時しか連絡がきません。それでも、僕は彼女からの連絡を待つのが楽しみとなり、彼女から連絡がくると、天まで昇る気持ちです。彼女から連絡がくることが僕にとっての喜びであり、幸せなのです。
即ハメ
こんな僕を友人は心配そうに見ているのを知っていますが、僕はお構いなしです。僕にとって、理想的な彼女とタダマンできるなんて、これ以上嬉しいことは今の僕の生活の中にはありません。ただ、彼女とタダマンするためには幾つかのコツがあるのです。彼女は、機嫌を損ねると帰ってしまうという悪い癖があります。だから、彼女の機嫌を損ねないように先回りした行動をとる必要が有ります。彼女が喉かわいたな…と思う前に飲み物を差し出し、お腹が減った…という前に、メニューを渡す。そして、セックスのときも彼女が望むことを彼女が言わなくても、僕は、察知しなければいけないのです。こんな風に彼女をしたのは、周りの男どもだと思います。僕のように、お姫様扱いする男性が大勢いるから、彼女はこんな性格になってしまったのでしょう。
テレセ掲示板
チャットオナニー掲示板