現金無償支援者

現金無償支援者って寂しい人が多い、なんて言うけど、確かにね~。
自分もそうかも。寂しいから、誰かと無理やり繋がりたくて、現金無償支援者なんかやってるんじゃないか・・・そんな気がしてる。
自分の場合、親が割と代々資産家ってこともあって、学校でも社会に出てからも、あんまり友達ってできなかったの。
友達ができても、経済感覚の違いで、社会に出ると疎遠になっちゃうし。
セレブだから~って言われても、自分は性格的にセレブな感じじゃないから、そういうセレブの人脈ないしさ・・・。
どんどん孤独になって行くわけ。
性格的には地味で庶民的なのに、経済的にはセレブになっちゃう。
セレブ隠して就職してたこともあるけど、上司のパワハラに耐えられず、辞めちゃったしね・・・。
この程度で根を上げて会社辞めるなんて、自分は根性のない人間だって一時期引きこもりになったもん。
本当にお金を振り込んでくれる男性と知り合えたというママ友の話
友達もいない、親が死んでからは頼る人もいない。
お金はあるけど、それだけ。
現金無償支援者になったのも、ネットの世界では経済的な違いとかあんまり気にしないでやり取りできるから気が楽だったんだよね。
自分の経済力で世のため人のため・・・なんていいこと考えてたわけじゃないよ。
あわよくば、お金で誰かを助けていい気分になりたい、人の人生に影響を与えてみたい、そういう気持ちがあったからだと思うし。
本当はお金なしで誰かと関わって行きたいけど、今までの失敗体験からリアルではそんな深い絆は得られないと分かってる。
だからネットの世界で現金無償支援者になって遊んでるだけなんだ。
キスフレとは
ハッピーメールでセフレ募集