援デリ

運命の導きなのか、それともただの失敗なのか?
援デリと会ってしまった経験があります。
約1年ほど前のことです。
彼女がいないため、性欲解消がしたいと思い、割り切りセックスでスッキリしようと考えていました。
まさか、失敗するとは思っていませんでした。
大体、援デリなんて知りませんでしたからね。

 性的な不満を蓄積すると、ろくなことはありません。
エロい妄想ばかりを膨らませてしまいます。
街ゆく女の子たちを見るだけで、エロい気持ちが爆裂。
下手すれば、襲ってしまいたい衝動だって湧き上がってしまうんですから。
割り切りなら簡単にセックスできます。
割り切り希望者を探せばいいだけなんです。
幸い無料掲示板が沢山あります。
こちらで、エッチしたい女の子を見つけようと行動してみました。

 メール交換したのが女子大生。
割り切り、ホ別2で関係を作れると言います。
今日会うことも可能だと言ってくれます。
期待は、膨張していきました。
ついでに、股間の方も膨張を始めていました。
「頑張って癒してあげます。損はさせません」
女子大生の言葉に、待ち合わせを決めてしまいました。
素人女性との援交を考えるなら割り切りが良いのか?

 写メだと清楚系で、滅茶苦茶可愛らしい。
この子とセックス出来るなら最高です。
気分良く、待ち合わせ場所に行きました。
もちろんですが、援デリがやって来るとは、ほんの少しも考えていませんでした。

 遠目に見てもブサイク。
それが自分に近寄ってきて、愕然としました。
まさかアレじゃねえよな?
近づいてきたブサイク、抑揚のない声で「よろしく。ホテルはあちらです」と、言い放ちました。

 ホテルに入っても会話は無しでした。
相手は、流れ作業のようにシャワーをして、自分のズボンとパンツを下げフェラを始めました。
不細工にフェラされても、不満だから勃起。
すかさずコンドームを装着。
仰向け寝して「挿入して」と・・・。

 ぶっちゃけ、フェラも下手。
挿入してもアヘ声無し。
肉体へのタッチも駄目。
これは、セックスとは言えません。
援デリを理解できてからは、完璧に回避するようになりました。
不倫相手との出会い
不倫している人妻

童貞狩り

 33歳、独身の姫未さんは、童貞狩りを楽しむ1人の女性。
出会い系アプリでやりとりに成功。
僕の初めてを奪ってもらうため、会うことになった人です。
年上の女性の秘部で一人前になれた時は、大きな感動が押し寄せてきました。

 21歳、社会人です。
男ばかりの職場で、全く出会いを掴めませんでした。
職場以外の出会いといえば、こちらもない。
合コンを開催してくれる友人もいない。
彼女のいない同僚と、相席居酒屋に行くものの、その場で終わってしまう。
どうしても、初体験に繋がる出会いを探せませんでした。

 ネットで見た童貞狩りという言葉。
これはアリだなって思いました。
童貞大好き女性が世の中にはいる。
知り合えたら、初体験させてもらいます。
童貞狩りが趣味な異性を探すため、有名な出会い系を使ってみることにしました。

 姫未さんとのメール交換は感激でした。
「初体験してあげるの好き」
彼女の言葉に、心臓のバクバクが危険な状態になりました。

 LINE交換にも成功、楽しい異性との通話を開始出来ました。
喋った感じは、やはり魅力的に感じます。
決して擦れているわけではない。
「見た目にも、少しは自信あるよ」
童貞狩り
「テレビ電話で、見させてもらえます?」
「うん」
スマホに映し出された姫未さんは、黒髪の魅力的な人でした。
童貞狩りが大好きというイメージはない。
そこが逆に、そそられてしまったり。
とりあえず待ち合わせだけは決められました。

 カフェでのランデヴーでした。
コーヒーを啜りつつ、魅力的な、童貞狩り大好きな姫未さんと、お喋り。
「経験してみる?」
彼女の一言に、激しく首を縦に振り続けてしまいました。

 シャワーしてから、本格的な遊戯が始まりました。
女体の美しさやエロさに、見とれるばかり。
その感触が、素晴らしい。
フェラをやってもらって、相手に「クンニいっぱいして」と言われ、マン臭漂うオマンコを舐めて行きました。
オマンコの味わいがエロすぎる。
興奮が、ぶっちぎり。
すると、姫未さんから騎乗位で挿入を始めてきたのです。
自分の上で、オッパイを揺らしながら喘ぎ声を出していました。
初めてのオマンコやばい。
生オマンコです。
ゴムなしです。
ガチガチに快楽味わっちゃって、そのまま中で放出してしまいました。

 結果的には、2回戦も楽しませてもらって納得しまくりです。
「また時間作ってくれる?」
別れる時、言われてしまいました。
その言葉通り、後日の待ち合わせにも成功です。
援デリ
即ハメ